TOP>会社案内
【ご注意】弊社の名を騙る電話営業が以前確認されました。弊社は電話営業は一切行っておりませんし、
     金品の授受、株式の仲介業務などは行っておりませんのでお気をつけ下さい。
■ご挨拶

2018年の相場は年初にほとんどのアナリストが強気予想したのとは裏腹にまったく良いところがない相場となりました。
HF(ヘッジファンド)の成績も芳しくない一年となったようです。

それでは2019年も相場はよくないのかと問われますと、値動きが激しい年になるのはほぼ間違いないもののそれなりの値動きがあるので投資よりもむしろ投機に向いている年になると考えられます。

年初にあたって今年の相場で重要なことは個別銘柄とともに先物運用が重要な年になると考えております。
値動きがあれば投資では好成績をあげられなくても投機ではそれなりのパフォーマンスが期待できるでしょう。

ゴルディロックス相場と言われた時は過ぎ去りましたが、それでは本格的なリセッションがおとずれるのかと問われればそれもかなり悲観的すぎると考えられます。

悲観も楽観もせず、臨機応変に対応するというのが今年の相場でパフォーマンスを上げるためのカギとなりそうです。

2019年 1月

(株)グレイル代表取締役 武部克己


 

投資顧問業というと馴染みがないかもしれませんが、簡単に言ってしまえば資産形成を株式運用を通じて手助けする仕事です。
株式投資はなかなか怖い、うまく運用できない、そんな方々の為にメールが受信できるようにしておいてさえ頂ければ例え市場の動きをみていなくても運用が出来る、弊社が行っているのはそんな投資顧問であります。
ロー・リスク、ハイ・リターンをどんなに難しい地合でも目指せるように会員の皆様に銘柄推奨、ロスカット、そしてもちろん利益確定のアドバイスをしてまいります。

グレイルのトレードマークはです。
そこには個人投資家の楯になりたい…この世界で勝ち残れるように、彼らを英雄に導きたい…そんな思いが込められています。

楯の中の図柄は竜と聖杯
竜は個人投資家の守り神として、今世界の市場でもっとも攪乱要因となる投機筋に負けないようにすること。
そして聖杯はその力で投機資金をも利用してしまうしたたかさ(市場の真理)を表しています。

21世紀の市場・相場は進化しています。
ヘッジファンド、アルゴリズム取引…。
そして経済環境も先進国の財政赤字拡大、新興国の台頭と激動の時代を迎えつつあります。

そんな時代だからこそ個人投資家の楯になりたい。
個人投資家を守りたい。
グレイル唯一の存在意義なのです。

 

■会社概要

商  号

株式会社 グレイル
 
登録番号

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第700号
 

設立・事業内容

設立:2003年

1.有価証券投資による資産運用の助言
2.有価証券投資情報(調査・分析)の提供
3.経営・財務のコンサルティング
4.前各号に付帯する一切の業務
 

お問い合わせ

TEL:03-5661-1156(平日9:00〜18:00)

E-Mail:

■金融ADR制度の弊社取り組みについて■
 

住  所

〒132-0031 東京都江戸川区松島3-15-14グレイルビルONE


Copyright(C) GRAIL Corp. All rights reserved.